アマギフ詐欺について


アマギフ詐欺
12月 4, 2018, 10:05 pm
Filed under: 未分類

オッス!おら童貞!
何も悲しくて童貞をやっているわけではない。ネット上では、オラオラ状態の俺だけど、リアルではすみませんすみません状態のシャイな僕なのだ。
もちろん、出会いなんてない!人間と言うより類人猿な俺に彼女ができるどころか、女の子とまともに喋れたこともない!
そんな俺にも後輩社員がいる。俺がネアンデルタール人なら奴はピテカントロプスである。もちろん童貞!
俺たちは類人猿同士、一緒に飲みに行ったり仲良くやっている。
ところが、そんな奴が何と俺より先に童貞を卒業したというのだ!何という裏切り行為!
お相手は、出会い系で知り合った援交女子らしい。こんな類人猿に抱かれてくれる女子がいるとは!
「出会い系、最高ですよ。先輩もやってみたらいいですよ」
いや、援交できるほど給料もらってないだろ、俺たち?と聞いてみたが、2回ほどヌキキャバ我慢すれば十分ですよ、などと言う。
そして、さっそく、奴が卒業したサイトにアクセスしてみた。
すると、いるわいるわ。援交目的女子!しかも、ほぼ通勤定期で行ける範囲にもゴロゴロと候補がいるではないか。
何で、俺はこんな簡単にセックスできる方法を今まで避けていたのだろう?
ネット上では強気な俺はさっそく、手当たり次第にメッセージを飛ばしてみた。
返事キター!添付写真は間違いなく人間の女子。金額も法外ではない。支払いはアマギフで、なんて言ってきた。
セフレ探しの秘訣を覚えて2人のオマンコを食べる
アマギフ?何じゃそら?と聞いてみると、彼女は親切にやり方を教えてくれた。なるほど、コンビニで買ってきてスクラッチのナンバーを伝えればいいだけか。便利な世の中だ。俺はすぐに手続きをした。近所にコンビニがあるので、10分もかからず。
「ありがとう、明日楽しみにしてます。じゃあおやすみなさい」だと。うひょー、明日の今頃は童貞卒業だ!
しかし、翌日の今頃、僕は茫然としていた。待ち合わせ場所に彼女は現れず、サイトからも姿を消していたのだ。
「先輩、それ、アマギフ詐欺ですよ。あちゃーですね」
後輩に電話するとそんなことを言っていた。アマギフ詐欺?なにそれ?
まあ、女の子の方も直前になって怖くなったのだろう。今回は残念だったが、手元にアマギフはあるのだから、これを使って、また新しい彼女を探せばいいだけだ。
僕があっけらかんと言うと、後輩は言いづらそうに告げた。
「アマギフ詐欺というのはですね・・・」
ノンケ
ゲイ

コメントは受け付けていません。